トヨタ自動車と中国第一汽車集団公司(一汽集団)の中国での生産合弁会社である、四川一汽トヨタ自動車(SFTM)は14日、長春新工場において『カローラ』のラインオフ式典を実施した。

式典には、省政府、市政府からの来賓、一汽集団の徐建一董事長、トヨタの牟田弘文専務、SFTMの加藤昭夫総経理など約700名が出席した。

式典の中で、トヨタの牟田専務は「トヨタの長春での事業は、政府の方々をはじめ、中国の皆様のおかげで成長してきた。西工場での生産開始を機に、さらにたくさんのいいクルマを中国で生産していきたい」と述べた。

長春新工場では、『カローラ』の生産を年間10万台予定している。今回の長春新工場生産開始に伴う投資額は、約38億元(約500億円)で、新たに約2000名を採用している。