フォード エクスプローラー XLT エコブースト《撮影 宮崎壮人》

日本ではVWが先鞭を付け、BMWが進化させてるかのようなエコとパワーを両立した直噴ダウンサイジングターボエンジン。直噴ならではの巧みな燃焼技術と高い熱効率でもって、低回転から大トルクを発揮し、同時に低フリクションなどで燃費も稼ぐって寸法だが、実は最近侮れないのがアメ車だ。

今度、新型『エクスプローラー』に追加されたエコブースト。2リッター直4ターボで243psのピークパワーと37.3kgmのピークトルクを発揮。これは先日出たばかりのドイツの最新鋭機、BMW『328i』の245ps&35.6kgmと比べると馬力はほぼ同等でトルクで凌いでいる。

肝心の燃費は、台数の問題からモード測定データはなくさほど期待もできない。だが、試乗中のメーター測定でリッター11km台となかなか。車重2tのクルマとしては最高峰で国産ビッグミニバンに並ぶ。実際、不肖小沢が日産『エルグランド』の直4モデルに都内で乗った時のメーター燃費と同等なのだ。

ついでに奇しくもエクスプローラーも3列シートの7人乗り。厳密に言えば3列目の乗り心地はイマイチだが、十分にライバルになりうる。そう、“カッコいいゴージャスミニバン”としてだ。

スタイリングはアメリカンSUVならではの、「イキ過ぎてない流線型」がいい。適度に直線基調で無骨さがほどよく残っているのだ。

価格も440万円とミニバンとほぼ同等で、燃費も同等。それでいてこのアメリカンなムードってちょっと他に無い。

エルグラや『アルファード』じゃちょっとな…と思ってるハデ好きのクルマ好きの諸君。ひとつ考えてみては?

■5つ星評価
パッケージング:★★★★
インテリア/居住性:★★★★
パワーソース:★★★★
フットワーク:★★★★
オススメ度:★★★

小沢コージ|バラエティ自動車ジャーナリスト
横浜市出身。自動車メーカー、二玄社『NAVI』編集部員を経 てフリーに。現在『ベストカー』『エンジン』『週刊プレイボーイ』『MONOMAX』時計ビギン』などの雑誌「carview」「webCG」「日経BP ネット」「Vividcar」などネットに多数連載。愛車はポルシェ911 カレラ2、ロールスロイスなど。趣味はサッカー、スキー、ゴルフ、絶叫カラオケ!?

フォード エクスプローラー XLT エコブースト《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー XLT エコブースト《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー XLT エコブースト《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー XLT エコブースト《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー XLT エコブースト《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー XLT エコブースト《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー XLT エコブースト《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー XLT エコブースト《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー XLT エコブースト《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー XLT エコブースト《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー XLT エコブースト《撮影 宮崎壮人》