VWAGデザイナーのクリスティアン レスマナさんが描いたザ・ビートル《撮影 内田俊一》

フォルクスワーゲン『ザ・ビートル』は、初代、先代同様、乗員4〜5名で、ラゲッジスペースを設けることを基本としてデザインされている。

エクステリアデザインを担当した、VWAGデザイナーのクリスティアン レスマナさんは、初代『ビートル』を、「まさにクルマのデザインにおけるアイコンとなり、非常に人気のあるクルマです。その人気はいまでも衰えることはありません」と評価する。

そのデザイン要素は、「独立したフェンダー、長いボンネット、まっすぐに立ちあがったAピラー、そして丸みを帯びたルーフの曲線」だといい、特に、「ルーフのトップはBピラーより後ろにある。すなわち後席も、前席と同じくらいのスペースを設けようとした、まさにビートルの典型的なルーフ形状なのです」。

「これらのエレメントは90年代の『ニュービートル』も引き継ぎ、初代のビートルを新たな解釈で作り直した結果、よりシンプルな、いわゆるバウハウス型のデザインとなりました」。レスマナさんによると、このデザインは「初代よりも更にシンプルな、アイコン的なデザインで、初代ビートルとは違うシルエット」だという。

つまり、前後フェンダーが独立で成形された形状で、ルーフも曲線を描くということは共通であるが、「ルーフは先代と違い丸いきれいな曲線で、よりグラフィックなデザインとなりました。また、シンプルなシェイプにするため、ルーフのトップはクルマの中心あたりになったのです。更に、Aピラーの角度は空気抵抗を少なくするため寝た形状となり、ボンネットは短くなりました」。その結果、居住空間は初代とは変わり、後席の天井が低くなってしまった。

ザ・ビートルは、これまでの様々な要素を次世代のビートルとして進化させたモデルであるとレスマナさん。「シルエットは初代ビートルを継承し、長いボンネット、フェンダーが存在感を示しています。また、ルーフの曲線も後部座席の上が一番高くなりました」。

レスマナさんはプロジェクト当初から、スポーティさやマスキュラン(男性的)な感じなど、たくさんのエモーションを追加したいと思った。しかし、「典型的なビートルの特徴である、シンプルさや親しみやすさは失いたくはありませんでした。こうした側面が全て組み合わさった結果、ザ・ビートルは初代同様共感を呼ぶクルマに仕上がったのです」と語った。

VWAGデザイナーのクリスティアン レスマナさんが描いた初代ビートル《撮影 内田俊一》 VWAGデザイナーのクリスティアン レスマナさんが描いたニュービートル《撮影 内田俊一》 VW ザ・ビートル《撮影 内田俊一》 VW ザ・ビートル《撮影 内田俊一》 VW ザ・ビートル《撮影 内田俊一》 VW ザ・ビートル《撮影 内田俊一》 VW ザ・ビートル《撮影 内田俊一》 VW ザ・ビートル《撮影 内田俊一》 初代ビートル《撮影 内田俊一》 ニュービートル(左)と初代ビートル《撮影 内田俊一》 VWAGデザイナーのクリスティアン レスマナさん《撮影 内田俊一》