カーチスホールディングスが発表した2012年3月期の連結決算は、売上高が前期比0.9%増の345億2200万円、営業利益が同13.5%増の11億8200万円。2期連続の増収増益となった。

下半期にオートオークション相場が急落するなど、厳しい状況もあったが、大都市圏を中心に新規出店した8店舗の業績が好調。増収増益に寄与した。

経常利益は同4.1%増の11億8700万円、純利益は、特別利益として訴訟損失引当金戻入額を約18億円計上したことで、同331.5%増の27億3700万円となった。

今期の業績見通しについては、売上高が前期比6.3%増の367億円、営業利益は同24.7%減の8億9000万円、経常利益は同25.0%減の8億9000万円、最終利益は同71.9%減の7億7000万円とした。