ルイス・ハミルトン(マクラーレン)(資料画像)

ポールポジションを奪いながら、タイム抹消となって最後尾スタートとなったルイス・ハミルトン(マクラーレン)。以下は、スペインGPスチュワードの発表コメントだ。

「レースディレクターは予選後の車検でカー4(ハミルトン車)の燃料サンプルを必要としたが、当該車はテクニカルレギュレーション6.6.2項に示される自力動力によってピットに戻ることが出来なかったとの報告を受けた。スチュワードはチームの代理人サム・マイケル氏から事情を聴取したところ、不可抗力によってコース上に停止したとの釈明があった。チームのメンバーが不十分な量の燃料を搭載した結果、求められるサンプル量を残す目的でコース上に止まらざるを得なかったということだった」

「搭載燃料量はコンピューターで完全に管理されていることから、スチュワードはこれが不可抗力として受け入れることはできない。本件はテクニカルレギュレーション6.6.2項違反にあたり、当該競技者は規定により予選セッションの結果から除かれる。ただし当該競技者は、グリッド最後方からのレース参加が認められる」

ルイス・ハミルトン(2012年スペインGP) ルイス・ハミルトン(2012年スペインGP)