VTホールディングスが発表した2012年3月期の連結決算は、営業利益が前期比12.5%増の66億6200万円で、3期連続の増益となった。

中核の自動車販売関連事業では、新車、中古車を合わせた自動車販売台数は同1.1%減の5万5813台と不振だったが、粗利の改善、サービス部門やレンタカー部門の売上拡大などでカバーした。

売上高は同3.6%増の959億7400万円、経常利益は同15.1%増の65億6200万円、純利益は57.8%増の43億6100万円だった。

今期の業績見通しについては、売上高が前期比22.9%増の1180億円、営業利益は同17.1%増の78億円、経常利益は同15.8%増の76億円、最終利益は同1.4%減の43億円とした。