日産セレナ

日産車体が11日発表した2012年3月期の連結決算は、営業利益が前期比37.5%減の113億7400万円で、大幅減益となった。

『セレナ』やピックアップの受託生産終了などで、自動車の総売上台数は15.8%減の19万5473台となり、自動車部分品などを加えた総売上高は同10.1%減の4547億5500万円となった。

経常利益は同38.4%減の108億9100万円、純利益は同11.0%減の64億0200万円だった。

今期の業績見通しは、売上高は8.6%増の4940億円、営業利益は27.0%減の83億円、経常利益は30.2%減の76億円、純利益は53.1%減の30億円とした。

日産セレナ《撮影 池田忍》