三桜工業が11日発表した2012年3月期の連結決算は、営業利益が前期比21.0%減の26億6800万円で、大幅減益となった。

売上高は同5.9%減の561億8600万円。主力の自動車・輸送用機器用配管製品ならびに自動車用樹脂製品が、東日本大震災およびタイ洪水被害の影響による自動車メーカーの減産で、大幅に減少した。

経常利益は同51.3%減の30億1400万円、純利益は同67.5%減の10億3700万円だった。

今期の業績見通しは、売上高が19.2%増の907億円、営業利益は83.3%増の63億円、経常利益は99.1%増の60億円、純利益は256.8%増の37億円とした。