マセラティグランカブリオフェンディ《撮影 内田千鶴子》

マセラティジャパンは全世界50台の限定モデル『グランカブリオ フェンディ』の販売を開始した。このダブルネームにはハンドメイドとクラフツマンシップという共通点があった。

1914年、マセラティ兄弟によって設立されたマセラティは、「それまでの自動車会社が作り得ていない、美しくてパワフルで、そして他に類を見ないクルマを作ろうとしたのです」と語るのは、マセラティジャパンCEOのファブリッツィオ・カッツォーリ氏。

そして、今回のコラボレーションに関して、「フェンディというブランドはまさに我々を鏡の中に見ているような企業だと思います」といい、「長い歴史、そして、ハンドメイド、クラフツマンシップを信じる気持ちが共通しているのです」。ここから誕生したのがグランカブリオフェンディなのだ。

また、フェンディ・ジャパン・カンパニー CEOのジャン・フィリッポ・テスタ氏も、「1925年にローマにて創設されたフェンディのDNAはクラフツマンシップ、そして、ハンドメイドです」と述べる。

因みにテスタ氏によると、「以前、クラフツマンシップによって世界中に名前が知られているイタリアの素晴らしい企業、アトリエなどを紹介した“The Whispered directly of craftsmanship”という本を出版しました。その中にはもちろんマセラティも載っているのです」と語った。

マセラティグランカブリオフェンディ《撮影 内田俊一》 マセラティグランカブリオフェンディ《撮影 内田俊一》 マセラティグランカブリオフェンディ《撮影 内田俊一》 マセラティグランカブリオフェンディ《撮影 内田俊一》 マセラティグランカブリオフェンディ《撮影 内田俊一》 マセラティグランカブリオフェンディ《撮影 内田俊一》 マセラティグランカブリオフェンディ《撮影 内田千鶴子》 マセラティグランカブリオフェンディ《撮影 内田俊一》 マセラティグランカブリオフェンディ《撮影 内田千鶴子》 フェンディ・ジャパン・カンパニー CEOのジャン・フィリッポ・テスタ氏(左)、駐日イタリア大使名代のジョゼッペ・チリーノ氏(中)、マセラティジャパンCEOファブリッツィオ・カッツォーリ氏(右)《撮影 内田俊一》 マセラティグランツーリスモ《撮影 内田俊一》