キャロル・シェルビー氏

米国自動車業界の伝説的人物、キャロル・シェルビー氏が10日、米国テキサス州ダラスの病院で死去した。11日、同氏が代表を務めていたシェルビーアメリカンが明らかにしたもので、享年89歳。

米国のスポーツカーの名車、『ACコブラ』の生みの親として知られるのが、キャロル・シェルビー氏。1923年、米国生まれのシェルビー氏は1958‐59年、F1に参戦したのをはじめ、1959年のルマン24時間耐久レースでは、見事に優勝を果たす。

レース引退後、シェルビーアメリカンを設立。1962年には、名車中の名車と言われるACコブラを発表する。同車は英国の軽量スポーツカー、『ACエース』のシャシー&ボディをベースに、パワフルなフォード製4.7リットルV型8気筒エンジンを搭載。「マッスルスポーツカー」というジャンルを確立したモデルだ。

キャロル・シェルビー氏の死去のニュースは、『USA TODAY』をはじめ、米国のメディアで大きく取り上げられている。

シェルビー ACコブラの第1号車(ニューヨークモーターショー12) フォード・マスタング・ベースのコンプリートカー、シェルビー1000 フォードマスタング シェルビーGT500コンバーチブル(シカゴモーターショー12) シェルビーアメリカン社の創立50周年記念車、エディション シェルビー シェルビーアメリカン社の創立50周年記念車、エディション シェルビー