8日午前0時55分ごろ、岡山県津山市内にコンビニエンスストアに軽乗用車が突っ込む事故が起きた。警察はクルマを運転していた39歳の男を逮捕したが、この男は同市内にある別の店で起きた窃盗事件に関わった疑いがあり、警察が関連を調べている。

岡山県警・津山署によると、現場は津山市野介代付近にあるコンビニエンスストア。軽乗用車は駐車スペースに入ることなく、そのまま入口のガラス扉に突っ込んできたという。当時、店には従業員1人がいたが、離れた場所にいたためにケガはなかった。

別の事件を捜査していた機動捜査隊員が犯行を目撃し、運転していた真庭市内に在住する39歳の男を確保。器物損壊の現行犯で逮捕した。

この事件が起きる約40分前、8kmほど離れた津山市院庄付近にある別のコンビニで窃盗事件が発生。機動捜査隊は容疑車両の捜索を行っていた。コンビニに突っ込んだクルマはこの車両と酷似しているという。

調べに対して男は「ガラスを割るように頼まれた」などと供述しているが、意味不明な言動も繰り返しているという。警察では窃盗事件にも男が関与していた可能性が高いとおり、薬物摂取の可能性も含め、慎重に捜査している。