トヨタ カローラアクシオ1.5LUXEL

新型車の生産を担当するセントラル自動車宮城工場で会見した豊田章男社長は、「カローラがロングセラーを続けているのは、いつの時代も時々の要望にしっかり応えてきたから」と指摘した。

1966年の発売以来、世界での累計販売は3900万台に達しており、豊田社長は「私はトヨタの人間だが、世界で知られる日本人の誇りの車名とも思っている」と話した。

11代目については「安心で実用的、高品質なクルマを納得いただける価格でという、カローラの原点に戻った」と説明し、この新モデルも「時代の要望をしっかり受けとめている」と強調した。

また、自らの最初のマイカーが4代目『1600GT』の中古車だったことも紹介。「カローラは、多くの方のカーライフのどこかでひとつの時代を共にするクルマ」とし、「私の場合、青春時代を共に過ごし、運転の楽しさを教えてくれた」と振り返った。

トヨタ カローラアクシオ1.5LUXEL(左)、1.5G トヨタ カローラアクシオ1.5LUXEL セントラル自動車宮城工場