アルパイン 車種専用ステアリング連動バックビューカメラ「SGS-C900D」シリーズ 動作イメージ

アルパインと同社国内マーケティング部門であるアルパインマーケティングは、車種専用ステアリング連動バックビューカメラ『SGS-C900D』シリーズをはじめとした車載用カメラ新製品18モデルを発表、6月より販売を開始する。

車種専用ステアリング連動バックビューカメラSGS-C900Dシリーズは、クルマのサイズを基準としたさまざまなデータを元に専用設計。ステアリング操作に応じてガイド線が予測方向を表示することで、バックで駐車を行う際の進行状況を容易に把握することができる。

対応車種は、トヨタ『アルファード』『ヴェルファイア』『プリウスα』『プリウス』(すべて現行最新型)で、専用取付けキットも付属した車種専用パッケージとなっている。また、後方のナンバープレートを明るくホワイトで照射するLED付属タイプもラインアップする。

同時発表のバックビューカメラの新製品『HCE-C900』シリーズは、歪みが少なく見やすい画像表示が特徴。また、接続部や配線ケーブルの改良と同時に、カメラ本体の強度も向上させている。装着には別売の車種専用取付けキットを使用することで、目立つことなくきれいな装着が可能。また、後方のナンバープレートを照射するLEDライト付属タイプもラインアップする。

価格はSGS-C900Dシリーズが2万9925円から、HCE-C900シリーズが1万2390円から。