スズキ・鈴木修会長≪撮影 小松哲也≫

スズキの鈴木修会長は10日都内で開いた決算会見で、原子力発電所稼働停止に伴う夏の電力不足問題について「足らないって話ばっかりで、どうやれば足りるんだっていう指標が何にも出ないというのはどういうわけか」と疑問を呈した。

鈴木会長は「これは無責任発言」と前置きした上で、「オオカミ少年と一緒で、(原発を)止めちゃうと足らないぞ、足らないぞって話ばっかしている。足らないのを火力なり、水力なり、何々なりでこういう対策をやってくれれば十分できますよという説得策はない」と指摘。

さらに「ここまでやれば料金は高くなるがとか、古い設備を動かしてこうやれば何とかここまでいくんだという議論は何にもない。オオカミ少年みたいなことを言ってるのではなく、対応策を立てた方が早いのではないか」と述べ、電力会社に一段の努力を求めた。

スズキ決算会見≪撮影 小松哲也≫