初優勝まであともう少しの塚越広大。MOBILITY LAND

全日本選手権フォーミュラ・ニッポンにドコモ・チーム・ダンディライアン・レーシングから参戦中の若手気鋭レーサー、塚越広大が地元ツインリンクもてぎでの今季第2戦を目前に控え、初優勝に向けての決意を語った。

今やホンダエンジン勢のエースと呼ぶに相応しいポジションを確立した塚越。まだ25歳と若いが、国内最高峰のFニッポン参戦も今年で4年目となり、SUPER GTでの活躍もあわせ、トップドライバーとしての存在感を存分に発揮している。だが、Fニッポンではあと一歩のところで初優勝が実現できていない。

象徴的だったのは今季開幕戦の鈴鹿だ。予選2位から決勝スタートでトップに立つが、エキゾースト割れというトラブルを背負い込み、最終的に2位に終わった。

「決勝朝のフリー走行ではマシンの手応えは今までで一番でした。自信をもってレースに臨んで、実際にペースも良かったんですよ」。調子が最高だっただけに、トラブル発生時には、「これでもうずっと勝てないんじゃないか…」とまで思ったそうだ。しかし、それでも2位は確保した。なによりマシンの手応えがいい。

「今年はこれまでにない好調な状態からシーズンをスタートさせることができました。もちろん、もてぎでも鈴鹿と同じ調子になるかどうかは分かりませんけど、(チームと自分が)いい方向に向かっていることは間違いない」

第2戦もてぎは、栃木県出身の塚越にとっては地元レースになる。「優勝したいという思いは、もちろんどこでもいつでも同じように強いものです。でも、地元にサーキットがある、そしてそこでレースをするというのはやはりモチベーションを上げる要素ですし、もてぎはホンダのホームコースという意味でも地元。応援してくれる人たちの期待にここで応えたいという気持ちはあります」

夢であるF1ドライバーを目指すためにも、そろそろビッグタイトルが欲しいところ。初優勝の先には、もちろんチャンピオン獲得を見据える。「常に勝ち負けを競う高いレベルでレースをしていかなければ、チャンピオンにはなれないと思いますし、一流ドライバーにもなれませんからね」。塚越は今シーズンのFニッポンに並々ならぬ決意で臨んでいるのだ。

初優勝は地元に取っておいた、というかたちに「したいですね」と言う表情からは、開幕戦で得た手応えと、確かな自信が感じられもする塚越。彼が初優勝へとチャレンジするFニッポン第2戦は、5月12〜13日に栃木県・ツインリンクもてぎ(ロードコース)で開催される。

ダンディライアン・ホンダのマシンで戦う塚越広大。 今季開幕戦鈴鹿のスタート。予選2位の塚越がトップに立つ。MOBILITY LAND 開幕戦鈴鹿の表彰台。塚越は2位だった(左端)。優勝は中嶋一貴、3位はオリベイラ(右端)。 開幕戦鈴鹿の上位3台。左から中嶋一貴、塚越広大、オリベイラの各車。 開幕戦のポールポジションは、塚越のチームメイトである伊沢拓也が獲得。MOBILITY LAND