トヨタ・カローラフィールダー現行

トヨタ自動車が明日11日に発表する新型『カローラアクシオ/フィールダー』。グレード体系は現行モデルと同様、至ってシンプルだ。

まずはセダンのアクシオ。ベースグレードは「1.3X」「1.5X」。ベースといっても装備は充実しており、パワーウィンドウ、パワードアロック、車両安定装置VSC、SRSサイド&カーテンレールエアバッグ、全席3点式シートベルト、花粉除去可能なクリーンエアフィルターなどを最初から搭載する。

その上位に来るのが「1.3X“G EDITION”」「1.5G」。ドアミラーウィンカー、インテリアのめっき加飾、滑らかな手触りのベロア調シート表皮、タコメーター、オートエアコン、チルト&テレスコピックステアリング、ステアリングオーディオコントロール、パナソニックの「ナノイー」空気清浄システム等々、より快適なドライブを楽しめる仕様となっている。運転席の高さ調整やステアリングポジション調整機能が備わっていることから、より安全で疲労の少ないドライブが楽しめることだろう。

最上級モデルは1.5リットルのみに設定される「1.5LUXEL(ラグゼール)」。UVカットフロントウィンドウ、照明効果の高いプラズマ放電管を使用したHIDヘッドランプ、木目調パネル、スマートエントリーシステム、エコドライブインジケーター、イルミネーテッドエントリーシステム、本革巻きステアリングなど、高級車並みの装備を持つ。

ワゴンのフィールダーのほうは、ベースグレードの「1.5X」、中間グレードの「1.5G」、スポーティな「1.8S」の3グレードを基本とし、1.5G、1.8Sにはフロント&リアスポイラー、サイドアンダースカート、スポーツシートなどを備える“AEROTOURER(エアロツアラー)”が設定される。

旧型ではエアロツアラーは1.8リットルのみだったが、新型では選択肢が広がる。X、Gの装備はアクシオとほぼ同等。SグレードはCVTを7速ATのようにコントロールできるスポーツモード、ブラックカーボン調加飾パネル、本革巻きステアリング&シフトノブなどが備わる。

トヨタ・カローラアクシオ現行