トヨタ 副会長に内定している内山田竹志副社長(参考画像)

トヨタ自動車は、6月下旬に開催する定時株主総会で開発部門トップだった内山田竹志副社長が代表権を持つ副会長に就任する人事を内定した。

今回の役員人事では、内山田氏の副会長就任とともに、加藤光久専務役員、前川眞基専務役員が代表取締役副社長への昇格する。

加藤氏は常務役員を経てトヨタテクノクラフトの社長、前川氏は常務役員を経てトヨタアドミニスタ社長と、それぞれ子会社に放出されていたのを、本体の役員として呼び戻した。加藤氏、前川氏とも豊田社長からの信頼は厚く、今回代表権を持つ副社長に引き上げたことは、さながら徳川家康を支え続けた「三河武士団」の結成を想起させる。

開発部門のトップは内山田氏から加藤氏に交代する。前川氏は国内販売部門のトップとなる。