トヨタ自動車 決算会見《撮影 土屋篤司》

トヨタ自動車に子会社のダイハツ工業と日野自動車を加えたグループの2012年度世界販売が、おおむね1000万台になる見通しとなった。7日までに11年度決算を発表した3社の今年度世界販売計画から明らかになった。

トヨタは同日発表した決算の参考データとして、12年度の単体(トヨタおよびレクサスブランド)の世界販売が前年度比19%増の880万台となる見通しを公表した。グループでは今年度にダイハツが6%増の104万台、日野が19%増の15万台余りの販売計画を打ち出している。

3社合計では前年度を20%上回る約999万台の計画となった。トヨタグループとしてはリーマン・ショック前の07年度に記録した943万台が過去最高であり、今年度は5年ぶりに更新するのが確実となっている。また、世界の自動車メーカーでは1年間の販売が1000万台に達した企業はなく、トヨタが初めて実現するのも濃厚となってきた。

トヨタ自動車決算会見《撮影 土屋篤司》 トヨタ自動車 決算会見《撮影 土屋篤司》