シューマッハ「生卵に乗っているみたいだ」…ピレリへ“口撃”再開?

ミハエル・シューマッハ(メルセデスAMG)によるピレリタイヤへの攻撃が再開した。今度は「生卵に乗ってドライブしているみたいだ」というコメントが伝わってきた。

「率直に言って、タイヤが(レースの)主役の座になったことに(レーシングドライバーとして)違和感を感じる。(ピレリタイヤのように)ここまでピーキーで、F1マシンのポテンシャルを引き出せないタイヤを頼んだ覚えはない」

「タイヤのデグラデーション(摩耗)を気にしながら走る現状は、まるで生卵に乗ってドライビングしているようなものだよ!」