アウディQ3《撮影 内田俊一》

アウディジャパンから発売された『Q3』のポイントは、デザインと走り、そしてユーティリティの3つである。

そのユーティリティについて、「テールゲートの開口部は広く取りました。でっぱりなどもなく、本当にスムーズに出し入れできます」とは、同社代表取締役社長の大喜多寛氏。また、「床も低く設計されていますので、荷物の出し入れの時など、腰に負担がかかることもありません。本当によく考えられています」という。

また、ドアの開閉が無段階で調整できるのも大きな特徴だ。「これにはとてもびっくりしました」と大喜多氏。通常は2〜3段階のノッチがあり、そこまで開かないとドアは固定できない。「Q3のドアはどこでも止まるので、都市部のデパートやスーパーなどで横にクルマがあったりした時に、あまり気にしなくてもよくなります」。

これらについて、「アウディ本社の人間が自慢をするくらい、非常にまじめなクルマ作りをしています。細かいところまで一生懸命作り込んでいるのです」と語った。

アウディQ3《撮影 内田俊一》 アウディQ3《撮影 内田俊一》 アウディQ3《撮影 内田俊一》 アウディQ3《撮影 アウディ》 アウディジャパン代表取締役社長の大喜多寛氏《撮影 内田俊一》