JAFロードサービス

日本自動車連盟(JAF)が発表した今年のゴールデンウィーク中(4月28日〜5月6日)のロードサービス件数は、前年同期比3.9%増の6万8746件となった。

一般道路は同4.6%増の6万4683件、高速道路は同6.3%減の4063件だった。

ロードサービス件数は、連休初日が8604件と最も多く、連休後半も今年は悪天候の影響で、例年より件数が増加した。

地方別では、東北と関東が大幅に増加。震災の影響で減少していた行楽地への人出が戻ったことがうかがえる。