4日午後6時45分ごろ、栃木県小山市内の県道を走行していた軽トラックが道路右側へ逸脱。対向してきた乗用車と正面衝突する事故が起きた。この事故で軽トラックを運転していた64歳の男性が死亡している。

栃木県警・小山署によると、現場は小山市東黒田付近で車線区別のない幅員約4mの直線区間。乗用車が道路左側を走行していたところ、対向してきた軽トラックが斜行。そのまま正面衝突したとみられている。

軽トラックは中破。運転していた同市内に在住する64歳の男性は胸部を強打してまもなく死亡。乗用車を運転していた38歳の男性も肩を打撲するなどの軽傷を負い、近くの病院へ収容されている。

警察は軽トラック側が何らかの原因でハンドルを右側に切った可能性が高いとみて、事故発生の経緯を詳しく調べている。