スバル・インプレッサG4《撮影 土屋篤司》

全体相場は反発。

前日の欧州市場が上昇したことを受け、円相場が対ドル、対ユーロで下落。輸出関連株を中心に買い戻しが入った。

もっとも、欧州債務問題の先行きは不透明とあって上値は限定的。買い戻し一巡後はこう着状態となり、平均株価は前日比62円51銭高の9181円65銭と反発して引けた。

自動車株は軒並み反発。

ホンダが59円高の2719円と反発し、トヨタ自動車が35円高の3145円と反発。

日産自動車は24円高の790円と反発した。

富士重工が41円高の602円と急反発し、4月26日以来の600円台を回復。この日発表した今3月期業績見通しで、国内外の販売増を背景に連結営業利益を前期比52%増の670億円と発表したことが好感されたもよう。

三菱自動車が87円、マツダが120円で前日比変わらず。