アウディ Q3(東京モーターショー11)《撮影 野口岳彦》

アウディ ジャパンは、アウディ初のプレミアムコンパクトSUV『Q3』を5月8日から発売開始した。

Q3は211psと170ps、2種類の2リッターTFSIエンジンを用意。7速Sトロニックトランスミッションとクワトロフルタイム4WDシステムを組み合わせることで、パワフルかつ安定した走りを実現する。また、スタートストップシステムとエネルギー回収システムを標準装備することで、高い燃費性能を発揮する。

エクステリアでは、フラットなDピラー、ラップアラウンドタイプのテールゲートを採用。スポーティでクーペライクなフォルムを演出。また、LEDポジショニングライト付バイキセノンヘッドライト、リアLEDコンビネーションランプを標準装備する。

インテリアでは、マルチファンクションスイッチ付本革巻き4本スポークステアリングや、10スピーカーのサウンドシステム、さらに211ps仕様には7インチのポップアップモニターを備えたMMI3G+ナビゲーションシステムを、また170ps仕様にはMMIベーシックを標準装備する。

ラゲッジスペースは標準で460リットル、分割可倒式のリアシートをすべて倒せば、奥行き1632mm、容量1365リットルまで拡大する。
価格は210ps仕様が479万円、今秋発売予定の170ps仕様が409万円。

アウディ Q3(東京モーターショー11)《撮影 野口岳彦》 アウディ Q3(東京モーターショー11)《撮影 野口岳彦》 アウディ Q3(東京モーターショー11)《撮影 野口岳彦》 アウディ Q3(東京モーターショー11)《撮影 野口岳彦》 アウディ Q3(東京モーターショー11)《撮影 野口岳彦》