富士重工業・吉永泰之社長(参考画像)《撮影 小松哲也》

富士重工業(スバル)の吉永泰之社長は、8日の決算発表の席で2011年度に開始した中期経営計画の進捗状況を説明した。期間中の立ち上げを計画していた中国の合弁生産が凍結状態になったため、販売計画などを見直した。

同社の中計は、15年度までの5か年で推進しているもので、期間中の13年度には中国での合弁生産に着手し、最終年度には15万台の現地生産を見込んでいた。こうした拡大策により、15年度の連結販売は90万台を掲げていたものの、今回、85万台に修正した。

中国向けは、引き続き完成車の輸入販売のみとなるため、15年度の当初計画だった18万台を10万台に下げた。これに対し、新たに供給能力の拡大を打ち出した米国では、同35万台だったのを38万台に引き上げた。

一方、最終年度に連結営業利益1200億円、および同利益率6%レベルとしている収益目標について吉永社長は、「不変」と説明。国内外で販売好調な『インプレッサ』などによる商品構成の改善や、新たに300億円規模の原価低減を追加するなどで「収益確保を図る」と強調した。