4日午後0時25分ごろ、愛知県弥富町内の伊勢湾岸自動車道下り線で、渋滞中の車列に対し、後ろから進行してきた軽乗用車が追突。車両4台が関係する多重衝突に発展した。この事故で軽乗用車の同乗者が重傷。他車の4人が軽傷を負っている。

愛知県警・高速隊によると、現場は弥富市鍋田町付近で片側3車線の直線区間。当時は車両集中による渋滞が発生していたが、後ろから進行してきた軽乗用車がほとんど減速しないまま車列に突っ込んだ。

事故は車両4台が関係する多重衝突に発展。軽乗用車は大破し、助手席に同乗していた39歳の男性が腹部を強打して内蔵破裂の重体。他車に乗っていた4人が打撲などの軽傷を負った。警察は軽乗用車を運転していた刈谷市内に在住する32歳の女性から自動車運転過失障害容疑で事情を聞いている。

調べに対して女性は「話に夢中になっていて、前をよく見ていなかった」などと供述しており、警察では前方不注視が事故の主因とみて調べを進めている。