ビュイック・エクセル

GMは7日、中国における4月の新車販売の結果を公表した。総販売台数は、4月としては過去最高の22万7217台。前年同月比は11.7%増と、3か月連続で前年実績を上回った。

GMの中国合弁(乗用車)には、上海GMとSAIC‐GM(上海通用五菱汽車)の2社がある。4月実績は、上海GMが前年同月比2.2%減の9万4101台と後退。一方、SAIC‐GMは、27%増の12万7362台と、引き続き好調だ。

上海GMでは、シボレーブランドが4万1555台をセールス。前年同月比は6.2%減と、マイナスへ転じた。小型セダンの『クルーズ』が、7.6%増の1万5914台を販売。2か月連続でこれを上回ったのがコンパクトカーの新型『セイル』シリーズで、48%増の1万6305台と大きく伸びた。

ビュイックブランドは、前年同月比1.7%増の5万4013台。ロワミディアムセダンの『エクセル』が29.2%増の2万3179台。『エクセルXT』と『エクセルGT』はトータルで、18.3%増の1万1981台を販売する。

キャデラックブランドは、2048台をセールス。クロスオーバーの『SRX』が全体の7割を超え、販売台数は再び1500台に届いた。

GMの2012年1‐4月中国新車販売は、前年同期比9.4%増の97万2369台。GMチャイナのケビン・ウェール社長は、「5月7日の時点で、今年の中国新車販売が100万台を達成した。100万台到達は6度目で、過去最短の記録」と語っている。

シボレー・セイル シボレー・クルーズ キャデラックSRX