三菱ミラージュ(バンコクモーターショー12)

日産『マーチ』に続いて、こちらもタイ生産。今後はグローバルスモールカーは、生産&輸送コストなどを考慮して、海外拠点で生産するのが当たり前の時代になるのかもしれません。

もちろん細かい味付けや装備などは、日本仕様になって上陸することにはなりますけどね。というのも、交通事情も好みも地域によってずいぶん違うんですよ。

タイでは乗り心地にこだわる方が多いんだそうです。その上、日本に比べると路面が荒れているので、タイ仕様の『ミラージュ』もかなりのソフトライド。言うまでもなくロールもかなり大きいのですが、三菱らしくボディがかなりしっかりと作られているので、クルマの動きとしてはヒヤッとするような感じはなく、非常に自然なものに仕上がっていました。

ちなみにこれは、剛性感と軽さを両立しているから。これまでタイの工場では、高張力鋼板のプレスは外注だったために、適材適所に使うのが難しかったそうなのですが、今回ミラージュのために工場が新設されたため、高張力鋼板のプレスが可能になったんだとか。そのため土台はしっかりさせつつも、軽快な味付けが具現化されたってわけなんですね。もちろん、ミラージュのメイン市場となる、BRICS及びASEAN諸国で求められる燃費のよさにもつながっています。

また、そういった地域では、このサイズでも後席3人掛けは当たり前。そのため、コンパクトなボディでも室内は広々というパッケージングが重要ですが、それらの要件もオールクリア。もちろん日本市場でも、喜んで受け入れられるポイントになると思います。

またBRICS及びASEAN諸国では、日本以上にクルマのドレスアップが盛ん。いわゆるスポコン仕様が流行っているので、このカワイイだけじゃないデザインも受け入れられることと思います。日本でも強く逞しく、でもどこかキュートなアンジェリーナ・ジョリーのような存在になってくれることを期待しましょう。

竹岡圭|モータージャーナリスト・タレント
「クルマ&カーライフを楽しもう!」「クルマとエコと生活と」をモットー&テーマに、自動車専門誌を中心に、女性誌、TV、新聞、ウェブなどさまざまな媒体で、「世界中で書いて・喋って・走って」活躍する女性モータージャーナリスト。ラジオのパーソナリティ、TVのワイドショーやバラエティ番組にも出演する。インプレッションのほか、チャイルドシートやカーグッズ、クルマ旅行など、カーライフ全般を女性の視点からレポートする。国や都道府県、高速道路会社等の審議会や委員会の委員を兼任。自動車大学校の特別講師も務める。モータースポーツでは、ドライバーとして耐久レースやラリーレイドなど数々のレースに参戦する。日本自動車ジャーナリスト協会(A.J.A.J.)理事、日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。

三菱ミラージュ(バンコクモーターショー12) 三菱ミラージュ(バンコクモーターショー12)《撮影 工藤貴宏》 三菱ブース(バンコクモーターショー12)《撮影 三浦和也》 三菱ミラージュ 三菱 ミラージュ