レンジローバー イヴォーク クーペ《撮影 宮崎壮人》

このデザインだけで、即買いしたくなるほど魅力的。SUVなのに2ドアもあり。まさに挑発的なほどの自信なのである。

まあね、前から見ても、横から見ても、クルマが一番見られるといわれるナナメ後ろから見ても、なんだこれはの存在感。ついでに、信号待ちで真後ろに止まったクルマも、思わずドライバーの顔を覗き見しに行きたくなるほどドキドキするデザインなわけですよ。

動かしてみると、これは高級セダンかビッグクーペかというフラット感。SUVなら誰もが期待する、ふんわりやわらかサスペンションは姿を消し、そこにあるのは、しゅたっと硬め、でも、懐の深い上品で上質なしなやかさ。シートポジションこそ高めだけれど、車内は静か、振動も少ない、うっかりSUVであることを忘れてしまいそうなのである。

エンジンは、2リットルのターボのエコ仕様。トルク的には十分なのだけれど、アクセルをうまくあわせてあげないと、急にぐんっと加速する感が否めない。上質な乗り心地にどうなのよ、と思う反面、いまのエコな時代を考えると、これをよしとして使いこなすのが、イヴォーク乗りの使命というべきか。もっともこのデザインを乗りこなす方が先なのかもしれないけどね。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★
パワーソース:★★★
フットワーク:★★★
オススメ度:★★★★

岩貞るみこ|モータージャーナリスト/エッセイスト
女性誌や一般誌を中心に活動。イタリア在住経験があり、グローバルなユーザー視点から行政に対し積極的に発言を行っている。主にコンパクトカーを中心に精力的に取材中するほか、最近はノンフィクション作家として子供たちに命の尊さを伝える活動を行っている。JAF理事。チャイルドシート指導員。国土交通省 安全基準検討会検討員他、委員を兼任。

レンジローバー イヴォーク クーペ《撮影 宮崎壮人》 レンジローバー イヴォーク クーペ《撮影 宮崎壮人》 レンジローバー イヴォーク クーペ《撮影 宮崎壮人》 レンジローバー イヴォーク クーペ《撮影 宮崎壮人》 レンジローバー イヴォーク クーペ《撮影 宮崎壮人》 レンジローバー イヴォーク クーペ《撮影 宮崎壮人》 レンジローバー イヴォーク クーペ《撮影 宮崎壮人》 レンジローバー イヴォーク クーペ《撮影 宮崎壮人》