スズキ・スイフト 燃料が漏れるおそれ

スズキは7日、『スイフト』の燃料フィラーホースに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、2010年9月1日〜2012年4月18日に製作された5万5146台。

燃料フィラーホースと燃料フィラーパイプの組付けが不適切なため、ホースとパイプとのシール性能が低下し、給油ノズルの自動停止機能が作動した後に継ぎ足し給油を行うとホースから燃料が漏れるおそれがある。

全車両、燃料フィラーホースを適切に組付けることで改善する。

不具合発生件数は4件で、市場からの情報で発見した。現在のところ、本件に起因する事故は起きていない。