デンソー・ハリアナ社 ジャジャール工場(イメージ図)

デンソーは7日、インドにおける自動車生産の拡大に対応するため、ハリアナ州ジャジャール市に新工場を建設すると発表した。

新工場はデンソー・ハリアナ社のジャジャール工場で、ワイパーやパワーウインドー用などの小型モーター、エンジン・ クーリングモジュールを生産し、マルチスズキなどの日系メーカーやタタをはじめとする地場メーカーなど、インド北部に生産拠点を持つ顧客を中心に製品を供給する。

新工場の建設に伴う投資額は約27億ルピー(約42億円)で、2012年5月に着工し、2013年7月から生産を開始。また、生産開始までに、約450人を採用する予定としている。

インド自動車工業会の予測によると、インドにおける2015年度の自動車生産は、2010年度の374万台から652万台に拡大すると見込まれている。デンソーは市場の拡大に対応するため、今回の新工場建設をはじめとする生産能力の増強など、顧客対応力の向上に取り組んでいくとしている。