キャデラック コンバージ(北京モーターショー12)

中国で4月23日に開幕した北京モーターショー12(オートチャイナ12)。GMの高級車ブランド、キャデラックのブースでは、新型プラグインハイブリッド(PHV)クーペ、『ELR』の中国市場投入が発表された。

キャデラックは2009年1月、デトロイトモーターショー09にコンセプトカーの『コンバージ』を出品。シボレーブランドのPHV、『ボルト』と同じプラグインハイブリッドシステムを積むラグジュアリーな2ドアクーペの提案だった。

モーターは最大出力163ps、最大トルク37.8kgm発生。最大64kmをモーターだけでEV走行し、最高速は161km/hだ。二次電池は蓄電容量16kWhのリチウムイオンバッテリー。バッテリー残量が少なくなると、発電専用のガソリンエンジンが始動。ジェネレーターを回して、モーターに電力を供給するとともに、バッテリーの充電を行う。

GMはすでにこのコンバージを、キャデラック『ELR』として量産すると発表済み。今回の北京モーターショー12では、同車の中国市場への投入がアナウンスされた。

中国はキャデラックにとって、北米に次ぐ世界2番目の量販市場。GMのダン・アカーソン会長兼CEOは、「2016年までに『XTS』とELRを中国市場で発売し、高級車を求める顧客のニーズに応えていく」と述べている。

キャデラック コンバージ キャデラック コンバージ キャデラック コンバージ キャデラック コンバージ