デアゴスティーニ・ジャパン『週刊マクラーレン ホンダ MP4/4』は京商の精密モデル《撮影 伊牟田まどか》

デアゴスティーニ・ジャパンの新作『週刊マクラーレン ホンダ MP4/4』が、全国に先駆けて新潟エリアの書店で2月より販売されているが、同エリアの大手書店担当者によると、「全国販売はテスト販売開始から4〜6か月後が一般的」と話す。

「前シリーズの『週刊マクラーレン MP4-23』も2010年6月に広島でテスト販売が始まって4〜5か月後には全国販売になったと思う」

また、都内の書店担当者は「分冊百科シリーズは、宮城・静岡・広島などでテスト販売されることが多い。実際にテスト販売時に売れ行きが芳しくなかったのか、全国販売に至らなかったシリーズもある」とも話す。

いっぽう、都内の編集プロダクション関係者は「分冊百科は、編集費だけでも1億円を超えるから、精密スケールモデル付きになると、さらに高コストなるのでは。出版社もコケると相当痛手だろう」と語っていた。

いま新潟で先行販売されている、この1988年 F1ワールドチャンピオン“アイルトン・セナ”モデルは、夏休みごろ全国で発売になるとみられる。

新潟エリアの書店で2月より先行販売されているデアゴスティーニ・ジャパン『週刊マクラーレン ホンダ MP4/4』《撮影 伊牟田まどか》 デアゴスティーニ・ジャパン『週刊マクラーレン ホンダ MP4/4』は京商の精密モデル《撮影 伊牟田まどか》 デアゴスティーニ・ジャパン『週刊マクラーレン ホンダ MP4/4』は京商の精密モデル《撮影 伊牟田まどか》 デアゴスティーニ・ジャパン『週刊マクラーレン ホンダ MP4/4』は京商の精密モデル《撮影 伊牟田まどか》 デアゴスティーニ・ジャパン『週刊マクラーレン ホンダ MP4/4』は京商の精密モデル《撮影 伊牟田まどか》