アフトワズ工場(参考画像)《写真 ルノー》

ルノーは3日(現地時間)、日産ルノーがロシアの最大手自動車メーカー「アフトワズ」の経営権を取得することで基本合意したことを明らかにした。

ルノーは2008年に、アフトワズ株式の25%を取得しロシアでの事業強化を図っていたが、今回ルノー・日産とロシア国営企業ロシアン・テクノロジーズなどが出資して合弁会社を設立、この合弁会社を通じてアフトワズ株式の過半数を取得する。2014年までの手続き完了を予定しているという。

合弁会社には、ルノー・日産が7億5000万ドル(約600億円)を出資して株式の67.13%を保有し、その合弁会社がアフトワズ株の74.5%を取得。合弁会社への出資分担額はルノーが3億ドル、日産が4億5000万ドル。

アフトワズ工場(参考画像)《写真 ルノー》 アフトワズ本社(参考画像)