ブリリアンスのコンセプトカー、 Great China 2(北京モーターショー12)

BMWの中国合弁パートナー、華晨中国汽車の乗用車ブランド、ブリリアンス。同ブランドは4月23日、中国で開幕した北京モーターショー12(オートチャイナ12)において、コンセプトカーの『Great China 2』を初公開した。

同車は、2011年に公開されたコンセプトカーの発展バージョン。ブリリアンスがBMWの技術を導入しながら、将来発売するサルーンを示唆したコンセプトカーだ。

ボディサイズは全長が4405mm、全幅が1800mm。BMWの新型『3シリーズセダン』の全長4625×全幅1800×全高1430mm、ホイールベース2810mmと比較すると、全幅は同じで、全長は220mm短い。

搭載エンジンは、ブリリアンスが独自開発した直噴1.5リットル直列4気筒ガソリンターボ。最大出力135ps、最大トルク20.4kgmを発生する。

ブリリアンスは、同車を2年以内に市販する計画。その表情には、BMW『5シリーズ』の影響が色濃く反映されているようだ。

ブリリアンスのコンセプトカー、 Great China 2(北京モーターショー12) ブリリアンスのコンセプトカー、 Great China 2(北京モーターショー12)