4月27日午後7時30分ごろ、福島県田村市内の磐越自動車道下り線で、単独事故を起こして停止していた乗用車に対し、後ろから来た別の乗用車2台が次々に衝突する事故が起こった。この事故で1人が死亡、2人が軽傷を負っている。

福島県警・高速隊によると、現場は田村市船引町付近で片側2車線の直線区間。第1車線を走行していた乗用車が路外に逸脱。道路左側の斜面(のり面)に乗り上げた後、第2車線上まで戻って立ち往生していたところ、後ろから進行してきた別の乗用車2台が次々に衝突した。

最初に単独事故を起こした車は大破し、運転していたいわき市内に在住する33歳の男性が頭部強打でまもなく死亡。追突車を運転していた男性2人も打撲などの軽傷を負い、病院で治療を受けている。

事故当時、現場には強めの雨が降っていた。警察では事故発生の経緯を詳しく調べている。