トヨタ・カムリ

民間調査会社のオートデータ社は1日、4月の米国新車販売の結果を明らかにした。総販売台数は118万4447台。前年同月比は2.3%増と、3月の12.7%増からは伸び率が鈍化したものの、11か月連続で前年実績を上回った。

米国ビッグ3では、首位のGMが21万3387台をセールス。前年同月比は8.2%減と、3か月ぶりに前年実績を下回った。これまで好調だったシボレーブランドの小型セダン、『クルーズ』が27.6%減の1万8205台と減少。大型ピックアップトラックの『シルバラード』は、4.8%増の3万0749台と3か月連続で増加した。

2位のフォードモーターは、17万9658台を販売。前年同月比は5.1%減と、11か月ぶりに前年実績を割り込んだ。新型投入を控えた『フュージョン』が2%増の2万1610台、コンパクトカーの新型『フォーカス』が12.5%増の1万9425台と好調。一方、新型を発表したSUVの『エスケープ』は、20%減の1万6986台と落ち込んだ。

クライスラーグループはトヨタを下回り、7か月連続の4位。その販売台数は14万1165台で、前年同月比は20.4%増と25か月連続のプラスを維持した。大型ピックアップトラックの『ラム』が、19%増の2万1126台。クライスラーブランドでは、『200』が61%増の1万3343台と伸びている。

日本メーカーのビッグ3では、3位のトヨタが、2位のフォードモーターに1600台差まで迫る17万8044台を販売。前年同月比は11.6%増と、5か月連続で前年実績を上回った。ベストセラー乗用車の『カムリ』が、2011年秋に新型を投入した効果で20.9%増の3万6820台と、引き続き好調。『プリウス』も101.7%増の2万5168台と売れた。『カローラ』も2.4%増の2万4804台を売り上げた。

5位のホンダは、12万2012台を販売。前年同月比は2.2%減と、2か月連続のマイナスだ。主力車の中では、『アコード』(日本名:『インスパイア』)が25.6%増の3万5385台と、3か月ぶりに回復。『CR‐V』も1月に新型を投入した効果で、4月の新記録となる2万3627台を売り上げ、前年同月比は9%増と4か月連続で前年実績を上回った。一方、『シビック』は8.8%減の2万4423台にとどまる。

日産は、2か月ぶりにホンダを下回り、6位へ後退。その販売台数は7万1329台で、前年同月比は0.3%減と、11か月ぶりに前年実績を下回る。主力の『アルティマ』が、モデル末期の影響で5.8%減の1万6239台と後退。小型SUVの『ローグ』は1.6%増の8563台と、かろうじて前年実績を上回った。

フォード・フォーカス GMのシボレー・クルーズ クライスラーグループのダッジ・ラム 新型ホンダ CR-V 日産 ローグ