ロズベルグ(メルセデスAMG・参考画像)

ムジェロ公式テストの初日は、あいにくの空模様。路面はウェットとなった。フェラーリのフェルナンド・アロンソが午前のトップタイムを刻んだが、ニコ・ロズベルグ(メルセデスAMG)は、ウェットタイヤの使い方もデータ収集の一部だとポジティブな感想を語った。

ロズベルグは「午前中のウェットは貴重な学習機会だったね。最近のウェット経験はマレーシアだけど、パフォーマンスはあまり良くなかった。最後にはドライ路面になったし、今回のこれはこれで貴重なテストになったと思うよ」とコメントした。

ロズベルグ(メルセデスAMG・参考画像)