レッドブルレーシングのウェブサイトに掲載されている顔写真で埋め尽くされたマシンのようす

レッドブル・レーシングは、7月6〜8日開催のイギリスGPで、セバスチャン・ベッテルとマーク・ウェーバーのマシン表面をファンの顔写真で埋め尽くすことを決めた。

「Wings for Life」と銘打った全世界の脊椎損傷研究のためのチャリティ活動で、チームのサイトにアクセスし、自分の顔写真をアップロードすると同時に15ユーロの寄付をするというもの。さらに、抽選で選ばれたドナー1人と同伴者には、イギリスGPのパドックアクセスが許されるという。