三井住友海上が提供を開始するスマートフォン向けアプリ「スマ保」

三井住友海上火災保険は1日、自動車保険の契約管理のほか、運転診断やドライブレコーダーなどの機能を備えたスマートフォン向け無料アプリ『スマ保』の提供を8月から始めると発表した。

スマ保の主な機能は自動車保険の契約内容の確認や変更手続きができる「契約管理」、故障などのトラブル時にコールセンターに位置情報を送信するほか、車内にスマートフォンを設置しておくと事故の衝撃を感知した際に必要な対応や連絡先を自動的に画面表示する「緊急時ナビゲート」、手軽に運転適性を診断できる「安全運転チェッカー」、事故などの衝撃を感知するとその前後の画像を自動的に録画する「ドライブレコーダー機能」などとなっている。

スマ保の対象OSは、Android2.2以降およびiPhone3Gを除くiOS4.1以降。三井住友海上では自動車保険以外でもスマ保のサービスメニューを今後充実させていくとしている。

三井住友海上が提供を開始するスマートフォン向けアプリ「スマ保」