SUPER GTシリーズのファースト・レスキュー・オペレーション車両(FRO)として、採用されたカイエンSハイブリッド

ポルシェ ジャパンは1日、SUPER GTシリーズのファースト・レスキュー・オペレーション車両(FRO)として、『カイエンSハイブリッド』を提供すると発表した。5月4日、富士スピードウェイで開催の第2戦において車両贈呈式が行なわれる。

FROは、SUPER GTシリーズ全戦においてドライバー、ドクター、レスキュースタッフが乗車し、レース中にアクシデントが発生した際、迅速に救助活動を行うことを目的としたドライバーレスキュー車両。

同社では、速やかな救助活動を実施するためのパフォーマンスとレスキュー用具を収納するラゲッジスペースを兼ね備え、環境性能に優れた新時代のFRO車両にふさわしいモデルとしている。