長城汽車の最上級SUV、ホーバー H7(北京モーターショー12)

中国の長城汽車(Great Wall Motors)は4月23日、中国で開幕した北京モーターショー12において、『ホーバー H7』を初公開した。

長城汽車は、中国の河北省保定市に本拠を置く自動車メーカー。設立は1976年。現在、世界120以上の国と地域に、完成車を輸出している。

ホーバー(HOVER)は、同社のSUVシリーズの総称。その最新作として、北京モーターショー12で初公開されたのが、H7だ。

H7は、ホーバーシリーズの最上級SUVの位置づけ。2009年の上海モーターショー09に同名のコンセプトカーとして出品されているが、市販バージョンは大幅にデザインを変更して登場している。

搭載エンジンは、直噴2.0リットル直列4気筒スーパーチャージャー。トランスミッションはマニュアルモード付きの6速ATで、駆動方式は4WD。長城汽車は、「オンロードとオフロードの走行性能を完璧にバランスさせた」と自信をのぞかせている。

長城汽車の最上級SUV、ホーバー H7(北京モーターショー12) 長城汽車の最上級SUV、ホーバー H7(北京モーターショー12) 長城汽車の最上級SUV、ホーバー H7(北京モーターショー12)