新型レクサス ES 250(北京モーターショー12)

レクサスは4月23日、中国で開幕した北京モーターショー12(オートチャイナ12)において、新型レクサス『ES』の「ES250」グレードをワールドプレミアした。

新型レクサスESは4月、ニューヨークモーターショー12で初公開。この時は、3.5リットルV型6気筒ガソリンエンジンを積む「ES350」と、ハイブリッドの「ES300h」の2グレードが披露されていた。

今回、初公開されたES250は、新型ESの入門グレードの位置づけ。北米向けの新型『カムリ』に用意される2.5リットル直列4気筒ガソリンエンジンを搭載する。詳細なスペックは公表されていないが、カムリの場合、最大出力は178ps、最大トルクは23.5kgmだ。

レクサスESは80年代後半、トヨタ『カムリ』のプラットフォームをベースに開発されたFF車だ。日本でもトヨタ『ウィンダム』として販売された。

北米向けには06年4月、5代目レクサスESが登場。現在は北米や中国で販売されており、米国市場においてはレクサスの最量販車に君臨している。

レクサスは、「新型ESは中国市場のニーズに応え、先代比でホイールベースを45mm延ばした。後席足元の空間は先代比で70mm増えている」と説明している。

新型レクサス ES 250(北京モーターショー12) 新型レクサス ES 250(北京モーターショー12)