マツダCX-5 20S《撮影 青山尚暉》

「スカイアクティブ-D」(クリーンディーゼル車)ばかりが注目されているマツダ『CX-5』には「スカイアクティブ-G」を名乗るガソリン車もある。

もちろんアイドリングストップを備え、JC08モード燃費はスカイアクティブ-Dの18.6km/リットルから16.0km/リットルに。それでもこのクラスのSUV最上級の燃費、エコ性能である。

では、走りの面で高圧縮比ガソリンエンジンとディーゼルエンジンではどこが大きく違うのか?

まずは高回転域の伸びやかさだ。ディーゼルエンジンはおよそ5000回転までスムーズに回りきる。それ自体は驚異的だが、ガソリンエンジンのほうは6000回転以上までリニアさを極めた回り方をする。当然、飛ばしたときの気持ち良さではこちらだ。

そして乗り味。スカイアクティブ-Dは重厚かつやや穏やかなタッチ(17インチタイヤ装着車)。一方、スカイアクティブ-Gはより軽快かつスッキリ。出足の一瞬の加速感も軽やかだ。操縦性にしてもスカイアクティブ-Gのほうが軽快でリニア。理由は総重量と鼻先の軽さの違いにある。

つまり、高速巡行や登坂路、長距離走行では4リットル車並みのトルクを持つスカイアクティブ-Dが威力を発揮し、経済性も高い。しかし街乗りや比較的平坦な峠道ではスカイアクティブ-Gのほうが走りやすく爽快で気持ちいい。

ちなみに価格はお薦めの「20S」が220万円。装備類がほぼ同等の「20D」より38万円安い。ただしスカイアクティブ-Dは補助金があり、実際の支払額は縮まる(25万円弱)。注意したいのは補助金を受け取ると6年間以上、所有しなければならないことだ。だから、短期間でクルマを乗り換える人はガソリン車が適しているかもしれない。

■5つ星評価
パッケージング:★★★
インテリア/居住性:★★
パワーソース:★★★★
フットワーク:★★★★
オススメ度:★★★
ペットフレンドリー度:★

青山尚暉|モータージャーナリスト/ドックライフジャーナリスト
自動車雑誌編集者を経て、フリーのモータージャーナリストに。自動車専門誌をはじめ、一般誌、ウェブサイト等に執筆。ペット(犬)、海外旅行関連の書籍、ウェブサイト、ペットとドライブ関連のテレビ番組、イベントも手がける。

マツダCX-5 20S《撮影 青山尚暉》 マツダCX-5 20S《撮影 青山尚暉》 ガソリン車のタイヤは17インチ。19インチの設定はない。《撮影 青山尚暉》 マツダCX-5  マツダCX-5   マツダCX-5  カラクリトノカバー。《撮影 青山尚暉》