ビルの節電を自動制御するシステム、鹿島が開発…ピーク時に20%

鹿島は、電力のピークをビル側で自動的に制御して、ピーク時電力の20%以上節電できる「鹿島スマート電力マネジメントシステム」を開発した。

同システムを自社ビルである鹿島赤坂別館に導入、3月から試験的に運用を開始した。需要家側の電力ピーク時の全自動節電制御を既存の建物に導入したのは国内で初めて。

鹿島スマート電力マネジメントシステムは、赤坂別館で既に運用していたB・OAネット(情報ネットワークと設備ネットワークの統合システム)上の中央監視装置とビル・エネルギー管理システムを連携する。指定した任意の時間帯と節電量に応じて、あらかじめ設定したデマンドレスポンスレベルで自動的に制御することで、確実で正確な節電を実現する。

2011年夏季の節電時に実施した節電レベルと快適性に関するアンケート結果を基に、そこで働く人間の快適性を損なわない節電ロジックを構築し、節電時間帯と節電量を設定することで、自動で最適な制御を実行する。

システムの運用により、電力ピーク時で20%以上の節電が可能になると試算している。更に、従来管理者が手動で行っていた節電対策を自動化することで大幅な省力化も図れるとしている。