マツダ2012年3月期決算 山内孝社長

マツダは27日、東京都港区の青山ダイヤモンドホールで2012年3月期決算の会見を行った。決算は減収減益、4期連続の最終赤字と厳しいものだったが、山内孝社長はこれまでにない笑顔を見せていた。

それも頷ける話で、なにしろ2012年3月期第4四半期で156億円の営業利益を達成し、すべての利益レベルで黒字化を果たしたためだ。その大きな要因となっているのが、SKYACTIV技術を搭載した車の、好調な販売である。

なかでも2月16日に日本で発売した新型『CX-5』は好調で、「年間16万台のグローバル販売目標に対して、想定を大きく上回る受注を獲得している。導入を開始した初期の受注状況としては、日本、ロシア、ドイツなど主要6か国合計で計画の2倍以上のペースとなっている」と山内社長は話す。

日本では、4月23日時点で年間販売計画である1万2000台を上回る約1万6000台の受注を獲得。そのうち、約80%がディーゼルエンジン搭載車だという。ロシアでも、1万2000台の年間販売計画の60%に相当する7500台の受注を獲得し、またドイツでは宣伝をしていないにもかかわらず、1万台の計画に対してすでに5000台の受注を獲得しているそうだ。

08年11月に社長に就任して以来、リーマンショック、東日本大震災、そして急激な円高などいいことがなかっただけに、山内社長にしてみれば、ようやく春が訪れつつあるといった心境だろう。

マツダCX-5