MiEVパワーボックス

住友三井オートサービスは、三菱自動車が27日発売する電源供給装置『MiEVパワーボックス』2台を導入することを発表した。

MiEVパワーボックスは、三菱『i-MiEV』や『ミニキャブ-MiEV』 の急速充電コネクターに接続し、駆動用バッテリーに蓄えられた電力を最大1500Wまで出力できる装置で、EVを非常用電源として運用可能とするもの。

同社では、BCP(事業継続計画)対応の一環として、EVを非常用電源として利用できるよう、MiEVパワーボックスを導入。携帯電話の充電や給湯など、災害時の備えとして活用していく。

また同社では、リースユーザーニーズへの活用用途拡大を視野に入れて、自社活用によるMiEVパワーボックスの試行・検証を先行して実施する。

MiEVパワーボックスと i-MiEV