セントラル自動車宮城工場

関東自動車工業とセントラル自動車、トヨタ自動車東北は27日、合併契約を締結し、7月1日付で、新会社「トヨタ自動車東日本」として発足すると発表した。

正式には、6月開催予定の各社株主総会の承認を経て決定。社長には、現トヨタ専務役員の白根武史氏が就任する。

新会社は、トヨタのグローバルビジョンのもと、「世界No.1の魅力あるコンパクト車の提供」を実現するため、重点施策として「コンパクト車づくりの基盤構築」、「地域と一体となったものづくり」、「中長期を見据えた人づくり」を推進する。