ジェイテクトが発表した2012年3月期の連結決算は、営業利益が前年同期比10.7%減の356億5700万円で減益となった。

売上高は同10.2%増の1兆0526億7100万円で増収となった。やエコカー補助金の復活による自動車販売の増加で、ステアリングやベアリングの販売が好調だった。

収益は、円高の継続、売価水準の低下やタイ洪水の影響で、経常利益が同4.0%減の386億4900万円。当期純利益が同33.7%減の133億0300万円となった。

今期の業績見通しは、売上高が同4.5%増の1兆1000億円、営業利益が同26.2%増の450億円、経常利益が同11.3%増の430億円、最終利益が同87.9%増の250億円となる見通し。