マツダ・デミオSKYACTIV

マツダが発表した2012年3月期の連結決算は、最終損失が1077億円で4期連続の赤字。前期600億円から赤字幅は拡大した。

売上高の減少に加え、減損損失や東日本大震災による災害損失、事業構造改善費用などの特別損失の計上、さらに繰延税金資産の取り崩しを行ったことが影響した。

新車売上げ台数は、国内は東日本大震災の影響があったものの、『デミオ』の販売が堅調に推移したことに加え、新型『CX-5』の導入などにより、同9.7%増の22万6000台と増加した。

海外では北米が『Mazda2』や『Mazda3(アクセラ)』の好調な販売に加え、新たに導入した『CX-5』の純増などにより、同8.5%増の37万2000台、欧州はロシアでの販売は増加したが、信用不安の拡大影響もあり、同13.6%減の18万3000台となった。中国は主力車種の『Mazda3』が好調に推移したが、競争激化や小型車の需要減などの影響もあり、同5.6%減の22万3000台となった。

グローバル販売台数は同2.0%減の124万7000台となった。販売台数の減少に加え、主要通貨が円高で推移したことで、売上高は同12.6%減の2兆0331億円と大幅な減収となった。

収益では、台数・構成の悪化や円高影響などにより、営業損失が前期比626億円減少し387億円の損失となった。また、経常損益は前期比737億円減少し368億円の損失となった。

今期の業績見通しは、抜本的な構造改革を実行することなどで、売上高を前期比8.2%増の2兆2000億円、営業利益は300億円、経常利益は150億円、当期純利益は100億円とした。